1日の予定の中に「風呂に入る」まで入れると完璧!フジロックのお風呂事情

フジロックを1日中楽しんだら、夏なので汗もかいています。
おっさんにもなると、そんな時は一風呂浴びてさっぱりしてビールでも飲んで寝てしまいたいですよね。
せめてシャワーくらいは浴びてさっぱりしたいもんです。



フジロックではどこに風呂があるのか?

フジロックには2つの施設があります。

  • シャワー
  • 苗場温泉

サクッと済ませたいあなたはシャワー


・かなり早朝のシャワー前(空いている方です)

  • 無料
  • シャンプー、ボディソープ類は持参
  • たまに水が出る(笑)

サッと済ませたい方にはこちらをオススメします。
もしシャンプー、ボディソープ等を持っていなかったとしても、汗を流すくらいはした方がいいですね。
その方が疲れも取れますし。

ただし、無料な分結構混みます
それが朝ともなるとかなり並ぶことになります。
みんな夜中は楽しむだけ楽しんでそのまま寝て、朝に入ればいいやーと思っているからだと思います。

ついでに、結構汚いです。
「今日はシャワーで済まそうかな」と思って入った時にちょうどスタッフも中の様子を確認するために入ったんですね。
そしたらそのスタッフが、

「うわ、ひでぇな」

と言いました。
思わず私も

「うわ、ひでぇな」

と言ってしまいました(笑)。

汚れているというか、とっちらかってる感じですね。
あまり気にしない、というのであればその辺も含めてシャワーで手早く済ませてもいいと思います。

疲れを取りたいなら苗場温泉


・余裕で外まで並びます

やっぱりおっさんともなると湯船が恋しいんですよ。

1日の疲れを風呂で、しかも温泉があるなら是非とも入りたいですよね。
苗場プリンスホテルの施設がこのフジロック期間中は「苗場温泉」として開放されます。

  • 一律500円
  • シャンプー、ボディソープあり

ヒゲ剃りなんかは持参ですが、ドライヤーもあります。
要するに銭湯があると考えればいいですね。

だだし、シャワーと違って回転率は悪いです。女風呂は特に。これはどうしようもないかもしれませんね。
こちらも当然時間帯によっては混みますのでその辺も考えて行動しましょう。

シャワーと苗場温泉のどちらを選ぶにしろ、先に汗を流してから寝る方が絶対にいいです。
何といっても朝はどっちも混むんですよ。そりゃもう檄混みです。

そうなると、午前中に観ようかなと思っていたアーティストを見逃してしまうこともあり得ます。
朝から変に時間を取られるくらいなら1日の終わりに風呂は済ませておいた方がいい、というわけです。
もちろんゆっくり動くつもりであるなら朝に入るのもOKです。

一番空いているのは昼過ぎです。ゆっくりのんびり入れるので超オススメです
もし何も見る予定がない、というのであれば昼風呂としゃれこみましょう。
(で、一杯やると最高)

余談ですけどキャンプエリアの喫煙所でタバコを吸っていたら外国人に話しかけられて、

「オンセンは入ったか!?オンセン is very good!」

と言っていました。外国の方にも好評のようですね。

ほかに風呂施設はあるのか?

会場外にあります。
会場である苗場スキー場周辺はホテルや旅館もあり、浴場を開放しているところもあります。
とりあえず代表的な二つを紹介しましょう。

雪ささの湯

会場から15分〜20分くらい歩きますが、雪ささの湯はフジロック期間中だと24時間開放しています。
お値段は、

  • 大人 900円
  • 子供 400円
  • カップル 1,600円
  • タオル 200円
  • バスタオル 200円
  • 歯ブラシ 100円
  • カミソリ 100円

シャンプー、リンス、ボディソープは完備していますし、当然ドライヤーもあります。

酒風呂 湯ノ沢

越後湯沢の駅周辺にも温泉施設がありますが、むしろ越後湯沢駅の中に温泉があります。(さすが越後温泉)

  • 大人 800円
  • 小学生 400円

こちらもシャンプー、リンス、ボディソープ完備ですしドライヤーもあります。
というよりアメニティ関連を含めた料金なのでタオルや歯ブラシ等も無料で使えます。

私の後輩は朝にシャトルバスで越後湯沢の駅まで行って一風呂浴びてまた会場に戻る、なんてことをしていました。
時間に余裕がある方はそんな使い方をしてもいいですね。
車で来ているならなおさら移動しやすいですし。

風呂に入るのが面倒だという時は?

時間が無い、混み過ぎていて心が折れた、ということもあると思います。

そういう万が一のために、私はボディシートを一応持って行きました。
これならテントの中で体を拭いて、とりあえず汚れは取れます。
本当にとりあえずですけどね。
でも無いよりはマシです。全然マシです。

ボディシートを持って会場を移動すれば汗をかいた時や手が汚れた時も拭けるので、カバンに入れておくといいですよ。

フジロックのお風呂事情をまとめると

  • フジロック会場にはシャワーと苗場温泉がある
  • シャワーは無料。シャンプー、石鹸類は持参
  • 苗場温泉は500円。シャンプー、ボディソープあり
  • 時間帯によって混む
  • なるべくなら寝る前までに一風呂が吉
  • 時間の余裕があれば昼に入る
  • 会場外にも風呂施設はある
  • 最悪ボディーシートを使う

こんなところでしょうか。
風呂に入らなくても死にはしませんが、夏で汗もかくし、疲労回復の意味も含めてなるべくならさっぱりしたいもんです。
混んでいるから、時間が無いからといって、ところ天国の川で水浴びなんかしないでくださいね。
冷たくて風邪を引きますよ?

フジロックで何を観るか?を考えて行動するのも重要ですが、そこに「風呂に入る」まで考えて予定を入れておけば上手く動くことができます。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

みんなフジロック中にいくら使うの?フジロックのお金事情

状況によりステージ間の移動時間は変わるので「軸」を決めて動こう

フジロックに行ったら、どんなノリでどんな過ごし方をすればいいの?

フジロックで一番安い宿泊施設。野外フェスを満喫するならキャンプをしよう

フジロックの会場では何を着る?着替えはどれだけ必要か?

結局のところ、フジロックっていくらかかるの?予算の目安を考える