みんなフジロック中にいくら使うの?フジロックのお金事情

フジロックの準備にあれこれと時間もお金もかかりますが、現地でも何かとお金を使います。

多く使うのはきっとグッズや飲食ですが、風呂に入ったりドラゴンドラに乗ったりとお金を使う機会は出てくるかもしれません。「その場のノリ」でみたいなこともありますからね。

では一体何にどれくらいかかるのか?
ちょっと考えてみましょう。

みんなフジロックにいくら持って行ってるの?

当サイトでアンケートを取って独自に調べてみました。(有効回答100名)

<注>
参加日数が多くなるにつれて金額の幅が狭くなるのは、今回のアンケートでは参加日数が多い程人数が減る傾向にあったためです。
1日参加の方が多いようですね。

1日参加の場合

2日参加の場合

3日参加の場合

というわけで、1日〜3日参加別で調べてみたらこのようになりました。
1日参加で10万も20万も(!)持って行く猛者もいれば、¥1,000しか持っていかない人もいて結構マチマチですね。

各日数を通して多いのは大体¥30,000〜¥50,000でしょうか。
私は2日参加で¥20,000を持って行きましたが、グッズをそれほど買わなかったのでこれくらいで済みました。
もしグッズ代も入れたらもう¥10,000くらいは必要だったかもしれませんね。

実際フジロックの会場内で何にいくら使うの?

※ざっくりとですが、「これくらい」程度に考えてください。

食べ物


・地鮎の塩焼き美味しいよ!

大体¥500〜¥800くらいでしょうか。
モノによっては¥1,000くらいするものもあります。

フェス価格なのでちょっと高め、と思ってください。
節約のために自分で何かしら持って行くという考えもあるかもしれませんが、夏なので食中毒には十分すぎるほどに注意しましょう。
生ものはヤバいので、ウィダーインゼリーとかカロリーメイトとかなら問題ないと思います。でもそれだけだと体力が保たないと思うので、持参する方は何かと工夫されるのが良いと思います。初日はお弁当を持って行くとかね。
でも私はカロリーメイトを持っていったものの食べませんでしたけど。

私は会場内での飲食もフェスの内だと思っているので、その辺も含めて楽しんだ方がいいと思います。

飲み物


・米どころは酒どころ

ソフトドリンク・・・¥200
アルコール・・・¥500〜

こちらもフェス価格なので高めです。
上記のように会場内で水を買うと高いので、何本か持って行ってもいいと思いますよ。
アルコールはビール以外にもカクテルやハイボールやZIMAなどなどが売っています。
もちろん米どころ新潟ならではの日本酒も売っています。

ウィスキーなどのハードリカーの販売はしていません。
ビン、缶類の持ち込みも禁止されていますので注意してください。

暑いからってビールが進むかもしれませんが、水分補給はアルコールではなく水かポカリスエットでしましょうね。脱水症状でぶっ倒れますよ。

なお、フジロックには「給茶サービス」もあります

(工夫したことは?)飲み物をタンブラーに入れて持ち歩いていました。

もしマイボトルを持っていれば無料で入れてくれます!(冷たいのも暖かいのも)
飲み物代を節約したい方は持って行くのが吉ですね。

会場でも象印×フジロックのコラボグッズとしても売っているので、気になった方は購入してみてはいかがでしょう?

グッズ

  • Tシャツ・・・¥4,000くらい?
  • タオル・・・¥1,000くらい?
  • マルチパスケース・・・¥3,000くらい?
  • パンフレット・・・¥1,500
  • クッキー・・・¥1,000
  • せんべい・・・¥500

etc・・・

グッズに関してはここでは挙げきれないので、定番モノに関するとこんな感じです。
Tシャツ類に関しては多少値段の上下はありますがだいたい¥4,000前後でしょう。
定番のTシャツ、タオルの他に人気なのがマルチパスケースです。
タイムテーブルやスマホやお金も収納できるので重宝します。

なお、人気のグッズは売り切れてしまうので購入を考えている人は朝一で買うことをオススメします。

余談ですけど、私がもうちょい若かった頃はライブ会場で売ってるTシャツ類って¥3,000くらいだったような気もするんですけどね・・・。

その他

  • シャトルバス・・・¥500
  • 苗場温泉・・・¥500
  • ドラゴンドラ・・・¥1,500
  • 型抜き・・・¥100
  • マッサージ・・・¥1,000
  • 大道芸人へのおひねり・・・¥?(忘れました)

etc・・・

飲食、グッズ以外で私が使ったのがこんな感じです。
シャトルバス代はマストだとしても、その他は人によって利用する、しないがあるので絶対に必要な費用というわけではありません。

そして、是非とも参考にしたい意見がこちら!↓

普通の財布ではなく、首から下げる子供が使うような小銭入れを財布として使いました。
財布は落としてしまう危険があるので首から下げるものは良いと思います。 

お金は首から下げられるポーチに入れたことです。
買い物をするときにいちいち鞄からお財布を出すのが面倒だと思います。 

盛り上がりすぎていつの間にか財布を落としていた、なんて事態になったらシャレになりません。でもこれなら心配ありませんね。

「なんかカッコ悪くね?」

なんて思う必要はありません。
財布を落として帰れなくなる方がカッコ悪いですよ。使い勝手も良さそうですしね。

私はカーゴパンツのモモのポケットに財布を入れていますが、絶対に落とさないとも限りませんので、地味ですがとてもいいアイディアです。

フジロックの会場に銀行とかあるの?


・もしもの時は早めにお金を下ろすorチャージしよう

銀行そのものはありませんが、ATMはあります。
また、電子マネーのチャージもできます。

でも10万人以上の参加者全員に対応できるわけではないと思いますので、行く前に現金の用意、電子マネーのチャージはした方がいいですね。

私は越後湯沢に向かう直前の上野駅でPASMOに¥10,000をチャージしておきました。
(もう¥10,000は現金でやってみました)
もしもの時のために一応キャッシュカードもクレジットカードも持っていきましたが、出番はありませんでしたね。ま、一応万が一のために用意するだけしておいた感じです。

電子マネー、マジオススメ!

電子マネーが使えるとのことだったので、5000円は電子マネーに入れて飲食は全て電子マネーで払いました。楽でした。

小銭を使わなくて済む電子マネーは非常に便利です。
十分にチャージして、極力電子マネーを使うようにすると、手早く買い物を済ませることができるのでおすすめです(雨が降っていると、お札は濡れてどうにもならなくなることもあるので…)。

買い物はすべて現金でしたのですがお金の受け渡しがとても面倒で、小銭を落としてしまわないか不安でした。
次回からは絶対に電子マネーを使おうと決めました。

 

大金を持ち歩くのが怖いというあなたは電子マネーがオススメです。
そうじゃなくても、これがもうめっちゃ楽なんですよ!

現金のやりとりがないだけでずいぶんとスムーズに会計ができるんですね。
時間短縮になるので余計なストレスもないし、観たいアーティストに間に合わない、なんてことも少なくなるでしょうね。

いつもニコニコ現金主義のあなたもたまには使ってみてはいかがでしょう?

とはいえ全部が全部電子マネーの決済が可能というわけではないのでご注意を。
例えば、

  • シャトルバス
  • 苗場温泉
  • 一部飲食ブース
  • などなど

は現金決済になりますのでやはり現金も用意した方がいいです。
小銭、特に500円玉が多いと便利です!

ちなみに利用可能な電子マネーは、

iD / nanaco / 楽天Edy / WAON / QUICpay / Kitaca / Suica / PASMO / TOICA / manaca / ICOCA / SUGOCA / nimoca / はやかけん

となっています。
また、予告なく変更する可能性もあるので、自分が使う電子マネーを出発前にもう一度確認しておきましょう。

そして一つ注意したいのがこちら↓

スマホの電子マネーはバッテリーがきれると使えなくなるので長丁場ではちょっと怖い 。

この辺も注意しておくべきですね。
バッテリーが切れてしまい「金はあるのに買えない」なんて状態になったらやるせないです。
結局財布を出し直してモタついてしまいますので、充電切れの心配も無くすためにモバイルバッテリーの準備もしておきましょう。

現代人の必須アイテムスマホ。 それほどヘビーユーザーでなければいいのですが、会場内で電池切れを起こすと充電のしようがありません。 オアシ...

できればSuicaやPASMOなど、実際にカードを持って行った方が良さそうですね。

クレジットカードも一応使えますよ

ただし、グッズ売り場のみとなります。

  • オフィシャルグッズ売場/アーティストグッズ売場(@場外)
    (¥5,000以上のお買い上げ一括払いのみ)
    [ 利用可能カード ] VISA / MASTER / デビットカード
  • オフィシャルショップ岩盤(@場外)
    (¥5,000以上のお買い上げ一括払いのみ)
    [ 利用可能カード ] VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS

面倒な現金のやり取りを少しでも無くしたいというのであれば、クレジットカードの使用もありですね。
物販はどうしても混み合いますし、サクッと購入してライブに備えるのであればクレジットカードを使うのもいいですね。

お金事情のまとめ

  • だいたい¥30,000〜¥50,000を持って行く人が多い
  • 食べ物は¥500〜¥800くらい
  • ソフトドリンクは¥200、アルコールは¥500〜くらい
  • 節約したい人は自分で何か持って行くかマイボトルを
    ※食中毒には要注意!
  • Tシャツ:¥4,000、タオル:¥1,000、パンフレット:¥1,500くらい
    ※人気のグッズは売り切れるので早めに購入しよう
  • 場外物販エリアならクレジットカードの使用も可能
  • ATMあり、電子マネーのチャージも可能
    ※ただし、事前に用意しておく方が吉
  • 小銭は多めの方が便利
  • 電子マネーは超便利!

 

こんな感じでしょうか。
グッズや飲食の情報はフジロック開催前に公式サイトに出ます。
事前に購入するもの、食べたいものをチェックしておくと時間短縮にもなるので、目星をつけておくといいですよ。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

基本は「かさばらないもの、すぐ使うもの」。フジロックに手持ちする荷物はこんな感じ

iPhoneカメラでフジロックの写真を撮るなら基本をおさらいしておく?

一日中音楽三昧のフジロック。会場で休憩するならどこでする?

フジロックに行ったら、どんなノリでどんな過ごし方をすればいいの?

フジロックのトイレ事情(鍵はかけましょう)

実際一人フジロックってどうなのよ?みんなに聞いてみました