「山&雨」を考えれば足元は長靴かトレッキングシューズの二択が吉

フジロックに行く上で絶対に欠かせないのが、長靴かトレッキングシューズ。
スニーカーでもまぁいいかもしれませんが、雨が降ったらやっぱりしんどいです。
というかフジロックは基本的に雨が降ると思ってください。
そして山の中なので雨が降ったら地面がぬかるみます。そりゃもう泥んこですよ。

「別にそれくらいどうってことないぜ!」
とかなんとか強がっていると、無駄に疲れて
「もう帰りたい」
という気分になること間違い無し。

備えあれば憂いなし、ということでなるべくどちらかを用意して行くのが吉です。



結局のところ、長靴とトレッキングシューズはどっちがいいのか?

どっちも経験のある私としては、どっちも正解だと思っています
ただ、個人的には若干長靴に軍配があがるかな〜。
雨が降った時はもう最強ですから。
グラストンベリーでも長靴を履いている人がいることを考えれば、長靴を選ぶのは間違いがないと言えるかもしれません。
グラストンベリーも泥んこですからね。

トレッキングシューズもゴアテックスなら問題無いですけど、隙間から雨や泥が入る可能性はあります。
短パンだとちょっと入ると思ってください。
(状況によりけりですが、問題無いレベル〜ちょっとかったるいくらい)
でも長靴ならそんな心配もほとんどありません。

ただし、長靴なので歩きやすさで言えばトレッキングシューズの方が上です。
もし長靴を選ぶなら中敷は絶対に入れておきましょう。
そうすれば歩きやすさや疲れやすさが軽減されます。
中敷を入れると多少窮屈になることを考えてサイズを1つ上のものにするというのもアリです。
もしためし履きできるのであれば、その上で購入することをお勧めします。

あと、長靴なので通気性は悪いです。
キャンプサイトにある足裏マッサージを受ける時に長靴を脱いだら、靴下が意外と汗で濡れてました。
(1日中歩き回って夜中に受けたから、というのもあるかもしれませんが)

トレッキングシューズだと長靴より滑りづらいという利点があります。
坂や砂利道も長靴よりは安心して歩けます。
そしてボードウォークが雨で濡れると、これが意外と滑りやすい。
となると、ケガのリスクもあります。
そこを考えるとトレッキングシューズは安心ですね。

また、ついつい前の方でライブを観ようと思ってもみくちゃになると、どうしても足元を踏まれることもありますよね。これは仕方の無いことです。
トレッキングシューズなら長靴より頑丈なので、これまたケガのリスクを減らせるわけですよ。

それでもスニーカーやクロックスでの人は割といるんですけどね。
特に外国人に多い気がするのはなぜだろう。
むしろなんで彼らはあんなにタフなんだろう。
そんな彼らをうらやましくすら思う。

ちなみに私は会場では長靴とクロックス。
行きと帰りはスニーカーでした。
ただしクロックスは、2017年は天気も悪く川遊びをしなかったので大して使いませんでしたが。(テントから風呂へ行く時くらい)
でもサンダル類はあると楽です。

というわけで長靴orトレッキングシューズのまとめを

長靴

  • お値段安め!
  • 足元は軽い
  • そのまま川に入れるよ!(←ちょっと楽しいです)
  • ゴムだからどうしても蒸れる
  • それほど山歩き向きではない

トレッキングシューズ

  • ゴアテックスなら水も弾くし通気性もあるので雨でもへっちゃら!
  • 長靴より山歩きに向いている
  • トレッキングシューズの方が滑りづらい
  • 足元がしっかりしているのでケガのリスクが減る
  • お値段高め
  • 長靴よりも重い

自分が会場でどう動くのか、そしてお財布の中身などを踏まえた上で選ぶのがいいですね。

ところで余談ですが。

同じ長靴ばっかりでみんなと被るなぁと考えている人も中にはいると思います。
↓の動画の2:54〜長靴をペイントしてる映像があるんですね。
(イギリスのケンダルコーリングというフェス)
こういうサービス(?)がフジロックにもあるといいなぁと、ちょっと思いました。


結構ウケると思うんですけどね。
もしくは自分でやってしまうとか。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フジロックは「アウトドア」。夜中にライトの用意くらいはしておこう

NO IMAGE

フジロックの会場ではどんなカバンがいいのか?

夏でも冷えるフジロックの夜。甘く見ないで寝袋(かそれに準ずるもの)くらい用意しよ...

ライブに食事に休憩に!イスの有無は中年フジロッカーの明暗を分ける!

フジロック中の我が家、一人参加のテントの選び方!

「山の天気は変わりやすい」を念頭にフジロックは雨具の準備を!