結局のところ、フジロックっていくらかかるの?予算の目安を考える

行きたいと思っても先立つものが無ければフジロックには行けません。
はっきり言って、お金がかかります。
ではフジロックへ行くには実際に何にどれくらいかかるのか?
ちょっと考えてみましょう。

チケット代

まずはチケットが無ければどうにもなりません。

フジロックは3日間の開催。
3日間フルで参加するのと1日だけ参加では当然かかる金額にも差が出ます。
一般発売の価格は、

  • 1日券・・・¥19,000
  • 2日券・・・¥36,000
  • 3日券・・・¥43,000

となっております。
また、早割ならいくらか安く購入できます。

キャンプをするのであればキャンプサイトのチケットも必要です。

  • キャンプサイト・・・¥3,000(開催期間中有効)

車で行くなら駐車場代がかかります。
(2名以上での受付となります)

  • 金曜日1日券・・・¥3,000
  • 土曜日1日券・・・¥3,000
  • 日曜日1日券・・・¥3,000
  • 前2日券・・・¥6,000
  • 後2日券・・・¥6,000
  • 3日 通し券・・・¥9,000
フジロックに行くと決めたら準備はいろいろあれど、絶対に必要なもの。 それはチケット。 チケットが無ければ会場に行っても当然入場できません。 ...

交通費

これはもう、どこに住んでいるかによります。
関東圏に住んで入ればまだマシですが、九州や北海道に住んで入れば当然それだけ交通費はかかります。

越後湯沢駅までの交通費を計算しておきましょう。
会場までのシャトルバスは¥500かかりますので事前に用意しておくのがいいですね。
(会場から越後湯沢駅までは無料です)

車で行くというのであればガソリン代がどれくらいか考えておきましょう。

遠方に住んでいる場合、フジロックには「オフィシャルツアー」もあるので、選択肢の一つとして考えておくのが良いと思います。

グッズ代

【目安】

  • パンフレット・・・¥1,500
  • Tシャツ・・・¥4,000くらい
  • タオル・・・¥1,000くらい

フジロックオフィシャルグッズやアーティストグッズなど、色々と売っています。
中でもTシャツ類は定番なので購入を考える人もいるでしょう。
大体¥3,000〜¥4,000くらいでしょうか。

購入を考えていなくても、タオルを忘れた、Tシャツが足りないといったことがあれば購入することもあります。

最近の私はパンフレットくらいしか買いませんけどね。

ちなみにパンフレット、お土産のクッキーとせんべいは越後湯沢駅にも売っています。
もし購入するなら会場で並んで買う必要はありません。
こっちの方がすぐ購入できるので。


・シャトルバスへ向かう途中に売ってますよ。

飲食代

【目安】

  • ソフトドリンク・・・¥200
  • アルコール類・・・¥500くらい〜
  • 食事・・・¥500くらい〜

フジロックは体力勝負、飲まず食わずだと倒れます。
特に晴れると暑いので水分を取らないと、倒れます。

会場内での飲食もフェスの内。
色々と美味しそうなものが売っているので飲食も楽しみましょう。(もち豚美味しいよ!)

もし節約したいというのであれば、自分で何かしら持っていくのがいいでしょうね。でも夏だから食中毒には十分気をつけてください。
特に水は会場だと高いので、数本持って行ってもいいと思います。
私は大抵1本くらいしか持って行きませんけど。
何か食料を持って行く場合、ゴミはちゃんと決められたところに捨てるか持ち帰りましょうね。

混雑してくると並ぶのが面倒なので、私は一応カロリーメイトを持って行きました。
でも結局出番はありませんでしたね。
私の後輩は夜中に場外の売店でどん兵衛を買って食ってました。

キャンプ用品

【目安】

  • テント・・・¥10,000前後〜¥20,000前後
  • マット・・・¥1,000もあれば

まずはテントが必要です。
それプラス、テントに敷くマット、寝袋かそれに準ずるものは必要です。

値段はピンキリみたいなところがあるかもしれませんが、サンシェードはやめておいた方が無難です。

私は10年前にモンベルで買ったテントを使っていますが、今も普通に使えてますよ。
(フジロックでしか使わないからかもしれませんが)

車中泊やホテル泊なら当然必要無いですが、コレ無しでは無謀すぎます。 売店で寝てる人もいますけどいい年したおっさんにはキツすぎます。 (次の日...

宿泊費(キャンプをしない場合)

キャンプの方が安く済みますが、初期投資としてテント類を購入するとそれなりに金額はかかります。
初めて行くのであればホテルや民宿を予約するのも正しい選択です。
そっちの方が設備が整っている分、疲れも取れやすいですからね。

早く予約しないと取れない、宿泊費が高くつく、といった面があるのでキャンプとホテルのどっちが良いかというのは人それぞれです。

その他必要なもの

雨具

【目安】

  • ポンチョ・・・¥2,000前後〜
  • レインウェア・・・¥2,000、¥3,000くらい〜¥10,000、¥20,000くらい

雨が降るフェスなので持って行くべきです。
ビニールの雨合羽よりは、レインウェア上下かポンチョがオススメです。
アウトドアブランドのものがいいのですが、値段は高いのでホームセンター等で選ぶのもありかもしれません。
意外な穴場はワークマンです
アウトドアブランドなら軽く一万円を超えてしまいますが、ワークマンなら¥3,000〜購入できます。



フジロックと切っても切り離せないもの。 それは、雨。 というかフジロックは雨が降るものと思ってください。 山の中で開催しているので当然っち...
フジロック=雨が降るイベントなので雨具の準備は必須な訳ですが、アウトドアブランドのゴアテックスの雨具は値段が高いです。 なのでなかなか買うのに...

折りたたみイス

【目安】

  • ¥2,000前後〜¥10,000前後(モノによりけり)

休憩するのに必要です。
それ以外でも座ってのんびりライブを観たり食事をしたりと、あった方が絶対良いです。
会場内にイスが全く無いわけではありませんが、数が少ないので座れるとは限りません。
というか基本的に無いと思ってください。

だからといって地面にそのまま座ると結構お尻が痛いですよ。
雨が降ったらドロドロなので座るのもためらわれるでしょうね。

そんな時に折りたたみ椅子に座っている人を見たら

「持ってくりゃ良かった・・・!」

と思うかもしれません。

越後湯沢駅や会場外の売店でも売ってますが、なるべくなら用意しておきましょう。
用意できない場合はレジャーシートくらいはあった方がいいです。

おっさんフジロッカーに必要なもの、それはイス。 いや、別におっさんじゃなくても必要なんですけどね。 フジロックにて椅子が有るのと無いのでは雲...
フジロックでは小さい折りたたみのイスを使っている私ですが、会場で座り心地の良さそうなイスを見るたびに「いいな〜」と思っています。 最近はヘリノ...

長靴かトレッキングシューズ

【目安】

  • 長靴・・・¥3,000台〜
  • トレッキングシューズ・・・¥10,000前後

山の中で雨の降る確率高いフェスなので、できればどちらかを用意した方がいいですね。
トレッキングシューズは値段が高い、というのであれば長靴にするとか。
(日本野鳥の会の長靴がオススメです)

用意しないというのであれば、スニーカーを何足か持って行く方がいいと思います。

フジロックに行く上で絶対に欠かせないのが、長靴かトレッキングシューズ。 スニーカーでもまぁいいかもしれませんが、雨が降ったらやっぱりしんどいで...

移動用のカバン

何かしら持っていれば買う必要はありませんけどね。
雨具や細かい荷物を入れておくのに必要です。
理想を言えば手ぶらで会場内をウロつきたいところではありますが、フジロックはアウトドアです。
何も用意しないで山の中をウロつくというのはちょっと危ないかと。

なるべくならライブというのは身軽な格好で盛り上がりたいものですよね。 だから本音を言えば手ぶらであちこち巡りたいところです。 ところがフ...

 

その他、ライト、モバイルバッテリー、日焼け止め、虫除け・・・etcと、結構必要なものはあります。
ただし、すでに持っているものがあれば新たに買う必要はありません。
(1個じゃ足りない、というのであれば買い足しましょう)

一応照明や光っているオブジェが会場内にあるとはいえ、夜の山は暗いです。 当たり前ですが。 夜になると各ステージ間も暗いので、移動の際は足元に...
現代人の必須アイテムスマホ。 それほどヘビーユーザーでなければいいのですが、会場内で電池切れを起こすと充電のしようがありません。 オアシ...
私は初めてフジロックに行った時からTシャツ短パンなんですが、実は虫にやられないか少しだけドキドキしている自分もいます。 あなたが初めてフジ...

 

参考までに、2泊3日で行った私の場合

  • 前日の宿泊費
  • チケット代
  • 交通費
  • 雑費

キャンプ用品、長靴、雨具は持っているので購入する必要はありませんでした。
内訳を簡単に説明します。

前日の宿泊費

¥3,000

上野駅から始発の新幹線で向かうために前日は上野に泊まりました。
寝れたらそれでいいので楽天トラベルからカプセルホテルを予約。

チケット代

2日券:¥36,000
キャンプサイト:¥3,000
計:¥39,000

これが無いとどうにもなりません。絶対に必要です。
早割ではなく通常購入で近所のコンビニで購入しました。
2日券とキャンプサイトのチケットを合わせて¥39,000です。
(発券手数料は含んでいません)

Tポイントカード等を使えばポイントが結構多く付くと思うので、せっかくだからレジで提示しましょう。
私はローソンで購入したのでポンタカードにポイントを付けました。

交通費

¥12,380

私は神奈川に住んでいますが、ここでは上野駅からかかった金額を買いておきます。

上野〜越後湯沢・・・往復¥11,880(片道¥5,940)
シャトルバス・・・¥500

雑費

¥20,000

会場で使った費用です。
細かくどれにいくら使ったかは、はっきり言ってわかりません。
ざっくりと1日¥10,000でやってみました。
なので、2日間で¥20,000を見ています。

もっとも多く使ったのは飲食です。

食事は大体一回¥500円〜¥800くらい。
お酒は一杯¥500〜¥700くらい。
水やソフトドリンクは¥200。
モノにより値段が変わるので大体これくらい、と考えてください。

その他使った内訳は、

  • ドラゴンドラ・・・¥1,500(往復料金)
  • 型抜き・・・1回¥100×5回くらい?
  • 風呂(会場の苗場温泉)・・・1回¥500×2
  • マッサージ・・・¥1,000×2
  • パンフレット・・・¥1,500
  • せんべい・・・¥500
  • タオル・・・¥1,000

といったところですかね。
これらをざっくりと¥20,000でやってみました。
(正直、飲みすぎた感もあるのですこ〜し足りなかったかも・・・?)

 

というわけで、合計で¥74,380かかっていますね。

その他、事前に細かいものを買い足したりはしました。
初めて行くのであれば、これにキャンプ用品代か宿泊費、雨具、長靴かトレッキングシューズ代、そしてイスなどなど・・・のお金がかかると思ってください。

値段だけ見ると高くて嫌になりますが(笑)、この値段を一回で全部支払うわけではありませんしね。

一番いいのは、1年くらいかけて資金を徐々に貯めていくことです。
月々¥○○貯めていけばちょっとは足しになるかな?くらいでやるのがいいと思います。

私はあまり計画性が無いので、ボーナスをあてにする傾向があるんですけどね・・・。

なるべく節約したいならレンタルがオススメ

キャンプ用品、イス、雨具、トレッキングシューズを一気に揃えるとさすがに予算が高くつきます。
そんな時はフジロックで必要なものをレンタルしてみませんか?
レンタルの利点は、

  • キャンプ用品を用意しなくても良い(荷物の準備が楽)
  • 購入するより安い(今後フジロックへ行くかまだ分からないなら特に)
  • フジロックでしか使わないものを家に置いておく必要が無い(邪魔にならない)
  • 会場で受け取り返却が可能

といったことでしょう。
身軽に、安く済ませられるのであれば、レンタルも一つの選択肢として考えてみましょう。
そらのしたならキャンプ用品一式から、雨具やトレッキングシューズまでレンタル可能です!
まだ何かしら購入していないのであれば、一度見てみることをオススメしますよ。


スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一日中音楽三昧のフジロック。会場で休憩するならどこでする?

フジロックに行ったら、どんなノリでどんな過ごし方をすればいいの?

みんなフジロック中にいくら使うの?フジロックのお金事情

実際一人フジロックってどうなのよ?みんなに聞いてみました

家に着くまでがフジロック。最後に越後湯沢土産を買ってみよう

フジロックとサマソニってどう違うの?